トップ > Inter BEE 2016 出展内容 トップページへ
 
●Inter BEE 2016 に出展いたします!
 
ホール6 6402 電波新聞社ブース内
 

マイコンソフトは11月16日〜11月18日の期間、幕張メッセで開催される「Inter BEE 2016」に出展いたします。電波新聞社ブースの一角にて、発売前の新製品の展示や解説をさせていただきます。ご来場の際は是非足をお運びくださいませ。
 
●主な出展内容

■ISDB-Tデジタル・ヘッドエンド「XHEAD-2(仮)」

※画像は開発中の物です。

●HDMI信号をMPEG-2 TS に圧縮、OFDM変換して映像と音声を地デジの信号(ISDB-T)にして送出することができる装置です。
●混合器を使って館内放送の一つのチャンネルとして放送したり、家庭用の地デジレコーダーで番組として録画・編集可能です。
※録画・編集は著作権保護がかかっていないソースに限ります。

■パーソナルHDMIチェッカー「XPAT-1」


※画像は開発中の物です。
●XPAT-1は、パターンジェネレーター、プロトコルアナライザー、ケーブルテスターを1台に凝縮した超小型HDMI測定器です。
●480p〜4Kのテストパターン信号を出力可能。
●簡易プロトコルアナライザー機能で映像を画面に表示しながらEDIDや解像度などの情報を確認できます。
●HDMIケ−ブルテスター機能で、通信品質やケーブルがどの帯域まで対応できるかなどをテストすることができ、結果をエラーレートで確認できます。
●さらに小型の製品も参考出品予定です!    

■HDMIオーディオスプリッター「XDAC-1plus」

※画像は開発中の物です。
●HDMI信号から音声のみを分配出力可能なオーディオスプリッターの新製品です。
●192kHz/24bitのハイレゾ入力に対応しました(既存製品は192kHz/16bitまでの対応)。
●新たにHDMI2.0に対応。
 

■ヘッドフォンアンプやアナログアンプを使った視聴環境をご用意しています。
●試したいヘッドフォンがあれば是非ご持参ください(アンバランス駆動のみ対応)。
 ヘッドフォンアンプはステレオ標準ジャックですが、ステレオミニ変換プラグもご用意しております。
●試してみたい音楽データをDVD-R、またはUSBメモリでご持参ください(会場内ではヘッドフォンでのみ再生可能です)。
 WAVE形式44.1kHz〜192kHz/24bit以下のデータでお願いします。
●弊社でご用意している音楽データは、株式会社日本ファルコム社の「ファルコム音楽フリー宣言」を利用しております。
 

■開発資料展示
●X68000ビデオゲームアンソロジーの開発資料を展示しております。主に移植を手掛けていた弊社ではどういった制作が行われていたかをご覧ください(資料が表に出ていない場合はお気軽にお声掛けください)。
 
●電波新聞社の出展内容

■電子工作マガジン他
●電子工作マガジンの記事に合わせた展示、販売を行う予定です。